【NICU助産師監修】1歳過ぎると母乳の栄養はなくなるの?母乳はいつまで?

全記事

“母乳の栄養はなくなる”

これ1歳過ぎて授乳しているママさんで

言われた経験ある方いるんじゃないでしょうか。

私ありますよ!

ええ!助産師なのに!?

ってびっくりした皆さん。そうなんです。

助産師でも“自称先輩ママ”に言われることあるんですよ。

そうです。

「1歳過ぎたら母乳の栄養なくなる」

なぜ授乳中の私にそのような言葉をかけてきたのか真意は不明ですか、良い気持ちはしませんね。

母乳育児の意味とはなにか?

1歳過ぎたら母乳に栄養がない根拠もわからないです。

仮に栄養学的意味がなければ授乳は行ってはいけないのか?

それは、違いますね。

なぜなら出生直後に行われる母子早期接触やNICUで行われるカンガルーケアは栄養学的意味など全くない。

しかしスキンシップや母乳支援、母子愛着形成としての重要な意味がある。

そもそも人の母乳育児に第三者が口出しすることはではないですね。

正直、驚きました。

1歳を過ぎると母乳栄養はなくなるのか

安心してください。そんなことありません。

母乳はなにから出来ているか。

母親の血液です。栄養をなくし水のようにする方が難しくないですか?

長期授乳に否定的な考え方を示される方の多くが、

「栄養がないのにいつまでもあげる必要性」を主張されます。

母親の血液が腺房細胞内の乳汁分泌細胞によって“栄養が不活化”されるようなことはないですよね。

母乳のほとんどは水分出来ている

実は乳汁成分の87.5%は水分!そう。水なんですよ。

あとは、糖質、たんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミンが含まれています。

初乳と成乳では、糖質、たんぱく質、脂質の割合は変わりますが、この水分割合は変わらないんですよ。

この割合の変化は赤ちゃんの成長発達、消化吸収能力に合わせて変化していきます。

なんとNICUなどに入院している早産で生まれたママの母乳は早産児に合わせた母乳の成分割合になります。

赤ちゃんの消化吸収能力に合わせて母乳の成分割合が変化しているって思ったら、母体の神秘を感じずにはいられませんね。

同じ母乳でも味や成分は変化する

授乳開始直後は前乳といって母乳には水分と糖質が多く、後半になると後乳といって、脂質の割合が増えます。

ママの食事によっても母乳の匂いや脂肪酸の構成は変化します。

食事や母親の状態によっては母乳の色も変化します。

オレンジ色の母乳ではカロテンが多く含まれており、赤かぶを食べるとうっすらピンク色の母乳がでることもあります。

さらに朝と午後でも母乳中の脂肪濃度は変化するし、おっぱいが張ったら脂肪酸が減ったり、おっぱいが張る前では増えたりもする。

赤ちゃんの成長に合わせて栄養素と免疫物質、成長因子を変化するだけでなく

飲み始めと終わりでも、午前か午後かでも、ママの食事内容でも味や母乳の構成成分は変化するし、おっぱいはとっても優秀なんですよ。

大切なのは初乳だけじゃない!6か月以降にも成分は変化する!

母乳中のたんぱく質にはムチン、ホエイ、ガゼインがあります。

ホエイに含まれる防御因子の一種、リゾチームは細菌感染による抗炎症作用を持ちます。

このリゾチームは生後6ヵ月以降の母乳中に増える成分になります。

生後6か月といえば、母体からの移行した免疫IgG抗体が低値になるため赤ちゃんの免疫力も下がってしまう時期になります。

そんな時にママの体は赤ちゃん体を守るための防御因子を作ってくれるんですね。

今しかない授乳時間を大切にしよう

アメリカの小児科専門医の主要な団体であるアメリカの小児科学会(APP)では、母乳育児が乳児の健康、発達、心理社会学的な面においてもっともよい結果をもたらすと提言しています。具体的には、生後6か月までの完全母乳育児、少なくとも12か月までは離乳食と母乳育児の併用、そしてその後は母児が望む限り母乳育児を続けることを推奨しています。

実際、3歳を超えても4歳、5歳、6歳、7歳まで続けたというママもたくさんいます。

元気いっぱいに育っていますよ!

栄養がないのに、甘えたになるとか、自立心が育たないとか、歯並びが悪くなるとか、虫歯の原因だとかいろいろ根拠のない情報がありますが、

全く心配いらないので、周りの雑音は一切無視して子どもとの限られた授乳時間を楽しんでください。

卒乳するとなんだか私の方が寂しくなったっていうママさん結構おられるので、

私は記念に授乳写真を撮っておくことをお勧めします。

長期授乳は楽しいだけじゃないですよね。

イライラしたりなんだか辛い日もあります。それも卒乳とともに忘れてしまいます。

我が子と大切な思い出に変わります。人間の脳って幸せになるために都合よく出来ているのですね。

今しかない授乳時間を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました