【NICU助産師監修】おっぱいマッサージの手順と注意点【母乳育児】

全記事

この記事を読んでわかること

おっぱいマッサージ開始の時期

おっぱいマッサージの効果

おっぱいマッサージの方法

おっぱいマッサージ実施時の注意点

乳房自己管理法の基底部マッサージの方法

前提

「母乳育児を頑張りたいと思っている」

「母乳育児のメリットをもっともっと知りたい」

「ちょっと理系に母乳育児を知りたい」

母乳について知りたい、看護学生さんや助産学生さん

母性実習や助産実習の事前学習、予習や復習

産婦人科、NICU勤務の看護師さんへ向けた発信内容となっています。

おっぱいマッサージってなに?

母乳育児を希望するママが、母乳の分泌を良くするために行う乳房や乳頭へのマッサージ方法です。

母乳マッサージや乳房マッサージなど様々な呼び方がありますが、主に2種類です。

おっぱいマッサージ

・乳房全体に行う【乳房基底部マッサージ】

・乳輪・乳頭に行う【乳輪・乳頭部のマッサージ】

今回は【乳房基底部マッサージ】を紹介しますね。

おっぱいマッサージの効果

乳汁分泌の促進

乳房マッサージは、乳腺刺激と血液循環を促進することにより、乳汁分泌を促進する。

乳房・乳頭トラブルの予防と改善

乳汁うっ滞や乳頭トラブルなどを予防または改善する効果がある。

おっぱいマッサージはいつから?

妊娠16週になると妊娠の安定期に入り、乳房の刺激に伴うオキシトシンの分泌による流産の危険性が小さくなる。

この頃に初乳の分泌が始まることから、乳房・乳頭の観察や手入れを始めるのに適した時期である。

初期では乳頭のお手入れ程度から始めるのがオススメです。

母乳育児に対する希望や考えを確認し、乳房・乳頭の状態をアセスメントしたうえで、乳房の手当てを指導しよう。

まずはかかりつけの医師や助産師に相談を

妊婦さんによっては乳房マッサージが好ましくない場合があります

・妊娠初期

・切迫流産

・切迫早産

・逆子

・予定帝王切開

乳房や乳頭への刺激はオキシトシンが分泌され子宮収縮が促される場合があります。

妊娠後期であっても切迫早産の既往など不安がある場合や、お腹が張りやすい方は無理にマッサージする必要はありません。

このような場合はおっぱいマッサージは控えましょう。

おっぱいマッサージ、こんな時は中止しよう

乳頭刺激により下腹痛などの症状がある場合は、流産・早産予防のために手当てを中止する。

乳房自己管理法・乳房基底部マッサージ

乳房マッサージの方法について紹介していきますね。

清潔保持に努める

初乳分泌がみられる場合があるため、手をしっかり洗いましょう。

血液循環も良くなり体も温まって、リラックスした状態のお風呂やお風呂上りがオススメです。

簡単!乳房基底部マッサージ手順

各マッサージをゆっくり3回ずつ繰り返してください。

乳房基底部マッサージ手順

①両手を乳房外側に当て、胸骨側の方向に乳房基底部を動かすよう横に動かす。

②両手を乳房外側斜め下方に当て、斜め下方から頸部の方向に基底部を動かす。

③両手を乳房下方に当て、下方から上方に向かって基底部を動かす。

ポイント

乳房をもみほぐすのではなく乳房の付け根を動かすイメージです。

痛みがある場合は両手のマッサージ位置をもう少し乳房外側から優しく実施してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました