【NICU助産師監修】出生直後の新生児【標準看護計画】

全記事

この記事を読んでわかること

・新生児の医学的特徴が理解できる

・出生直後の新生児のチェックポイントと観察項目が理解できる

・出生直後の児へのケアが理解できる

新生児の医学的特徴

①新生児は小さく脆弱である

②未熟性に起因する医学的問題が起こる

③胎内環境から胎外環境への適応時期である

④出生前環境の影響が色濃く残っている時期である

⑤急速に発達する時期である

⑥母子関係確立に重要な時期である

出生直後の新生児 標準看護計画

看護目標/助産診断・目標

1.新生児は適切なケア、処置を受け子宮外生活に正常に適応できる

2.新生児は健康状態に異常をきたすこともなく、正常に経過できる

3.正常からの逸脱の可能性の予測と異常の予防のもと、異常時には新生児は早期に適切な処置ケアを受けることができる

4.新生児は子宮外生活への適応が順調に経過する

O-p

出生直後のチェックポイント

 ・早産児

 ・弱い呼吸・啼泣

 ・筋緊張低下

新生児の状態(在胎時期と体重,成熟度,外表奇形,アプガースコア)

アプガー採点法(皮膚色・筋緊張・呼吸・心拍数・反射)

・家族歴(家系の遺伝疾患・父親の健康状態・血族結婚)

・母親の一般状態(年齢、薬物、禁煙、飲酒、全身疾患)

・産科・婦人科歴(月経、妊娠・分娩回数、妊娠・分娩・産褥・新生児の経過、婦人科疾患)

・妊娠経過(最終月経と予定日、妊娠合併症、薬物服用、胎児情報)

・分娩経過(分娩様式、麻酔、分娩所要時間、胎児機能不全と処置、破水の時期、臍帯・胎盤所見)

・新生児にみられる反射:瞬目反射・瞳孔反射・追いかけ反射・吸啜反射・モロー反射・逃避反射・把握反射・緊張性頸反射・腹壁反射・足引っ込め反射・歩行反射・バビンスキー反射・足底把握反射

早期の母子接触中:新生児が子宮外環境に適応している過程でもあるので注意深い継続的な観察と評価を行うことが不可欠である。

T-p

ルーチンケア(母親のそばで)

・気道開通

ポイント

新生児の顔をやさしく額から顎に向けてガーゼで拭う。口や鼻にもたまっていればガーゼで拭いとる。

必要時にはバルブ・シリンジで口腔内を吸引する。

根拠・留意点

口腔内や鼻腔内の粘液は児頭娩出時に自然に排出される。

咽頭深く強く吸引すると迷走神経反射が誘発され徐脈や無呼吸をおこすので注意する。

・保温

ポイント

分娩室や新生児蘇生室は少なくとも30℃は必要である。

※ただし母親の暑さを考慮する場合には分娩室は25℃以下にはせず,新生児の処置には身体を乾燥させラジアントウォーマーを使用する。

根拠

出生後0~6時間の中性温度環境は32.0~33.8℃。

出生直後の新生児の体表は羊水でぬれているため室温が30℃であっても蒸発による体温喪失の割合は多い。

室温25℃の分娩室では身体をぬれたままの状態にしておくと5分後の腹壁皮膚温は34℃まで下がる。

身体の水分をふき取り(皮膚の乾燥)ラジアントウォーマーに寝かすと37℃の体温が維持される。

・皮膚乾燥

ポイント

身体をふくタオルはあたたかくしたものを使用する。

根拠

伝導による熱喪失を防ぐ。

ラジアントウォーマーを使用しても身体がぬれたままであれば,30分後には直腸温36.5℃以下になる。

新生児の体表に付看している水分量は10~15 mLであるので、2枚以上のタオルを準備しぬれたタオルはただちに取りかえる。

・母子接触

ポイント

・母親の近くにラジアントウォーマーを置きそこでルーチンケアを行う。

・体表の水分をふき取った新生児を母親の胸部で肌と肌が触れ合うように抱き、あたたかいバスタオルなどでおおう。

根拠

出生直後、既述の3項目のチェックポイントにおいて問題がなければ母子関係促進のために母親のそばでルーチンケアを行う。

・母子標識

ポイント

・第一次標識

出産前に母親に母親用と新生児用の2つの標識(母子の標識番号が一致している)を装着しておき、出産直後で臍帯切断前に母親から新生児用標識を外して新生児に装着する。

出生直後は保温が重要であるため、ルーチンケア時でよいと考える。

・第二次標識

性別・母親の氏名・出生年月日と時間を記入し新生児の処直後に装着する。

根拠

母親と新生児を同時に識別できる標識で新生児の取り違え防止や災害時の親子識別のために実施される。

E-p

母子標識装着時

母親に外れかけていないかどうかの確認や入院中は標識を外さず標識を装着したまま退院し自宅で外すことについて説明し理解を求める。

※施設によっては退院時に看護師や助産師が外すこともあります。

NICU助産師からワンポイントアドバイス

通常、新生児の胎外生活への生理的適応は出生後24時間の間に完了します。

この時期に妊娠や分娩による影響や疾病が発現することがあり十分な観察が必要になります。

・在胎週数は正期産の範囲か

・身体各部の計測値が正期産児に見合った値に相当しているか

・外表所見は成熟徴候を示しているか

・神経学的所見は成熟徴候を示しているか

新生児が子宮外生活に適応出来るまで発育・成熟しているかどうかが大切。

生存・成長・発達への阻害因子がなく出生しているかアセスメントしよう!

特に出生直後では、呼吸の確立や身体所見や字の大きさなどおおまかな状態を評価するため慌てることのないよう生まれる前に必要な情報を収集しておくことがベターです。

参考文献

ハイリスク妊産褥婦・新生児ケア 第7巻                            

新生児学入門 第4版

新生児の疾患・治療・ケア

今日の助産 マタニティサイクルの助産診断・実践課程

コメント

タイトルとURLをコピーしました